NEWS/SPECIAL

SPECIAL

SPECIAL

2018 SKI GEAR BRAND NEWS PART 3

 

2018 SKI GEAR BRAND NEWS PART 3。
今回は、DALBELLO、DPS、ZUMA、TECNICA、NORDICA、VOLKL、MARKER、HART、4FRNTのニューモデルを特集!

 

■DALBELLO

DRSシリーズが性能アップ。グリップウォーク搭載モデル登場

リアルイタリアンブーツのダルベロはレースモデルのDRSシリーズを一新。WCはシェル素材を変えることで粘り感がアップ。HからXSまでのフレックスを再調整して選びやすく。90と80のLC(ローカフ)モデルが追加になった。レーシングモデル以外では、歩きやすい画期的なソール、グリップウォーク対応モデルが登場(交換可能)。アバンティ100GWなど標準搭載されているモデルもある。

 

DRSシリーズ最高峰の WC。 93㎜ラストのタイトなフィット感は高次元のコントロールが可能

 


グリップウォークを標準装備したスポーツモデルの
アバンティ 100GW(付属のアルペンソールに交換可能)

 


今季はオールマウンテンブーツのパンテーラシリーズが
充実。写真はパンテーラ 120。ソールは別売グリップ
ウォークに交換可能

 

 

■DPS

カーボン特有の振動を抑える。新アルキミスト構造登場

2005年に世界で初めてカーボンサンドイッチのスキーを世に送り出したDPSから、新しいカーボンスキー、アルキミスト構造採用モデルが新登場。素材の変更、フレックスパターンなどの変更により、カーボンスキー特有の振動を抑えることに成功。より強力なエッジグリップ力と、より速いスキーの走りを獲得した。スキーがより動かしやすくなり、地形遊びがますますおもしろくなる。

 

パウダーからハードパックまで対応するワイラーA 112アルキミスト


ゲレンデも楽しいカッシーアシリーズにもアルキミストを採用。写真はカッシーア A95アルキミスト

 

 

■ZUMA

フリースタイルモデルが充実。新モデルも登場

プロライダー、ジャスティン・ドーリーのシグネチャーモデルを展開しているフリースタイルスキーのツマ。今季は、パーク用エキスパートモデルのレベルと、バックカントリー&ツアー向けのゼロが新登場。

 

左から、ドーリープロパイプ、扱いやすくしたドーリープロGENE、バックカントリー用レベレーター、軽量化したフラジア、レベル、ゼロ

 

 

■TECNICA

マッハ1シリーズがアップデート、女性用モデルのフィット機能が進化

簡単にカスタマイズが可能なシェルとインナーを採用し、2種類のラストを用意した上級者向けのモデル、マッハ 1シリーズのブーツは、バックルを上げた状態で固定できるリフトロックを新たに採用。また、マッハ 1シリーズの女性用モデルは、女性の開発陣によるウーマントウウーマンテクノロジーを採用した。

 

何かと便利なバックルのリフトアップ機能、リフトロック

 

マッハ 1の女性用モデルは、 C.A.S.カフアダプトにより専用マシンでカフを温めて成型可能。ふくらはぎの細い女性には CASカフボリューム レデューサーを取り付けてフィット感の調整が可能

 


マッハ 1シリーズ女性用のトップモデル、マッハ1 105W

 

 

■NORDICA

オールマウンテン仕様の軽量スキー&ブーツに注目!

スキーは、軽量オールマウンテンスキーのナビゲイターが新登場。エンフォーサーのトップとドーベルマンのテールを融合させた形状が特徴。ブーツのドーベルマンシリーズは、140フレックスのドーベルマンGP140が仲間入り。ドーベルマンGP90はワールドカップモデルと同じ製法を取り入れ、より本格的な性能にレベルアップ。ニューブーツは、ストライダーとスポーツマシン。ストライダーは、軽量マウンテンブーツで、ウォークモードではカフの46度の可動域を確保。プロ130にはグリラミドを採用しPUより25%軽量化。スポーツマシンは、スピードマシンと同等の性能をもちながら、102㎜の幅広のラストを採用したモデルだ。

 


ニューモデルのナビゲイター 85(左)と同構造の女性用モデル、
アストラル 84

 


ナビゲイターとアストラルには軽量化したフルチタニウムシートの
HEXブリッジを採用し、より高度なカービング性能を発揮する
(写真はナビゲイター 90)

 


ストライダーシリーズのトップモデル、ストライダープロ1 30DYN。
シェル素材にはグリラミドを使用し軽量化

 


ストライダープロ1 30と 120にはミシュランタイヤとの共同開発に
よるラバーソール(テック対応)を搭載し極めて高い安定性を発揮する

 


高性能のコンフォートブーツ、スポーツマシン 130(写真右とスポーツマシン120


絶大な人気を誇るレーシングブーツ、ドーベルマンのニューフェイス、
GP140231456132カーボン特有の振動を抑える。新アルキミスト構造登場

 

 

■VöLKL

全モデルのデザインを一新!人気のRTM81がアップデート

今季よりブランドロゴを変更。それに伴い、全モデルのデザインがリニューアル。各カテゴリー毎に個性溢れるデザインが採用された。とくにレーシングモデルはイメージを一新。ブルーをベースに、トップの色をGSモデルは赤、SLモデルはイエローに統一。斬新なカラーリングに生まれ変わった。ジャパンセレクションのプラチナムシリーズは、大回り用のGD、TRSがラインナップから外れたが、それでもSD、CD、SW、SC、SRCと堂々のラインナップを誇る。SCとSRCは、バインディングシステムに新たにVモーションを搭載。最適なたわみを生み出しターンをサポートしてくれる。軽量3D構造、3Dリッジが特徴のRTMシリーズは、RTM81に、サイドウォールの垂直方向にもグラスを挿入した3Dグラスを搭載。レスポンス、エッジグリッププ力が向上している。

 


デザインを一新したレースタイガーワールドカップ。左から
レースタイガー GSWC、 GS WCマスターズ、 SL WC、
GS WC Dマスターズ、 SL WC D、ジュニア用の GSとS L

 


ジャパンセレクションのプラチナム。左からプラチナムC Dスピードウォール、 SDスピードウォール、 SWスピードウォール、 SC、 SRC

 


フリーライドラインには、センター 84㎜のカンジョー(右端)が仲間入り。よりゲレンデを意識したモデルだ

 


新 3Dリッジ構造を採用した RTM 81(写真上)と RTM76エリート

 

RTM 81は3 Dグラス採用によりグリップ力、反発力が向上

 

■MARKER

ロイヤルファミリー10周年!まだまだ進化は止まらない

フリースキー専用バインディングのカテゴリーを確立させたロイヤルファミリーが、今年10周年を迎えた。スキーヤーの活躍するフィールドを広げた功績は大きい。今季は、ジェスター16 IDとスクワイア11 IDに、アルペンブーツ規格とツアーリングブーツ規格のどちらのソールにも対応できるソールIDが搭載されアップデートを果たした。

 


10周年を迎えても、まだまだ進化し続けるロイヤル
ファミリーのバインディング

 


ツアーバインディングに革命を起こしたキングピン(左)と、ツアー用モデル

 

 

■HART

サンドイッチ構造を採用し、フルモデルチェンジ

レーシングのインフィニティシリーズは、昨年の選手用モデルに使われていたサンドイッチ構造を採用してモデルチェンジ。さらに、コア材の変更、サイズ毎のフレックス、トーションを最適化することにより、ターンの質が向上。デモシリーズは、小回り用のサーキットSTデモに170㎝が追加。オールラウンドにすべることができる。

 


サンドイッチ構造を採用したレーシングライン。右から、
インフィニティ 5.2DHWC、インフィニティ 5.2SGWC、
インフィニティ GWCインフィニティ G、インフィニティ S WC

 


右から、サーキットSTデモ、サーキット MTデモ、サーキット MT。
サーキット MTデモの178cm、183㎝は基礎大回り向き

 

 

■4FRNT

カイ・ピーターソンのシグネチャー、新アップ・トラックシリーズ

一昨年にリリースされたカイ・ピーターソンのシグネチャーモデル、カイシリーズがアップデート。カイ120、カイ110、カイ95が、UP TRACKシリーズのマスィフ、コル、アレートにモデルチェンジ。なかでもセンター95㎜のアレートは、ゲレンデからバックカントリーまで、オールラウンドに幅広く楽しめるモデルだ。さらに、新登場のセイン・リッチのシグネチャーモデル、インセインは、センター122㎜のファットな形状ながら、ツインチップ構造を採用し、パウダーを自由自在に滑空できる。フォーフロントの創業15周年を記念して販売されるモデルがMSP。これはフォーフロントの社長でもあるマッド・スターベンツのシグネチャーモデルを復活させたものだ。トップとテールはパウダーで浮力を得やすいようにソフトに設定し、センター部にメタルを入れて滑走時の安定感を高めている。ウィメンズモデルのMSP-Wもある。

 


パウダーでダイナミックなすべりが可能なセンター118㎜のマスィフ

センター1 10㎜のコルは、パウダーはもちろんのこと、さまざまな雪質にも対応できる

アレートはセンター 95㎜。アップ・トラックシリーズ中、もっともオールラウンドな性能を発揮して、雪質を問わずにすべりが楽しめる インセインは、センター 122㎜、リバースキャンバー+ツインチップ形状が特徴。パウダーバーンを思うがままに滑走できる