NEWS/SPECIAL

SPECIAL

SPECIAL

2018 SKI GEAR BRAND NEWS PART 4

 

2018 SKI GEAR BRAND NEWS PART 4。
今回は、BLASTRACK、BLACKDIAMOND、FISCHER、BLIZZARD、BLACKCROWS、BLUEMORIS、BLOSSOM、MOMENT、HEAD、TYLORIAのニューモデルを特集!

 

 

■BLASTRACK

わずか1450gのブレイザーツアー

今季注目のニューモデルは、ブレイザーツアー。ブレイザーをベースに、超軽量ウッドコア、カーボンファイバーを採用し700gの軽量化を達成。ワンペア3600gから2900gになり、1/2台でわずか1450gしかない。ブレイザーをベースにしていることから分かるように、このモデルは、すべれるツアースキーとして開発。しっとりした乗り味で安定感があるのが特徴だ。またトップシートに描かれた雪に覆われた森のグラフィックは、今までのブラストラックのスキーにはない個性を醸し出している。この他、インプルーブの157㎝、ファーザーの162㎝、マッシブの165㎝と短めの長さがラインナップに追加。ただ軽くしただけでなく乗り味をよくするために柔らかめのフレックスを採用している。スタイラス、エリキサー、エリキサークルーズの3機種は、モデルチェンジし150g軽くなった。

 


超軽量の注目モデル、ブレイザーツアー

 


マッシブに 165㎝(R 16.2m)のモデルが追加。ただ短くしただけ
ではなく、フレックスを柔らかく設定し取り回しがしやすい

エリキサー(写真上)は、フレックスを少し柔らかめにして乗りやすさを改良。エリキサークルーズはバランスを変更しターンの後半の抜けがよくなった

 

 

 

■BLACKDIAMOND

バックカントリーの理想的なギア、新ルートシリーズ

ニューモデルのルートは、トップとテールにロッカー形状をセンターにはキャンバーを採用し、パウダーからハードバーンまで対応するオールラウンドモデル。ポプラウッドコアによるしなやかなフレックスも特徴だ。一方、ヘリオは、バルサ繊維ウッドコアによる超軽量モデル。

 

ルートシリーズは 105(写真)、95、8 8の3機種をラインナップ。 105と 95はオールラウンドに使用でき、 88はツアーに最適

 

 

 

■FISCHER

レース用とエキスパート用の最速のブーツがデビュー

ブーツは、レーシングブーツの最高峰のRC4ポディウム、エキスパート向けハイパフォーマンスブーツのRC4ザカーブが新登場。RC4ポディウムは、タイトで敏感なシェル、優れたフィット感のインナーブーツで最速のターンを実現。RC4ザカーブは、オンピステカービングスキー、RC4ザカーブのコンセプトを具現化するハイパフォーマンスブーツ。新開発の足をスキャンする革新的なフィッティングシステムにも注目だ。

 

RC4ザカーブは、足首周りのパワー伝達ラインをアラミド繊維で強化したコンポジットフレックス構造を採用し高い操作性を発揮

 


RC4ポディウムは、タイトで敏感なシェル、優れたフィット感
とパワー伝達性能を発揮するインナーにより最速のターンを
実現

 

スキーの RC4ザカーブシリーズは、センター 80㎜の RC4ザカーブ GTが仲間入り

 


各カテゴリーからピックアップしたモデルの性能をさらに高めた
ブリリアントセレクションが登場

 

 

 

■BLIZZARD

フリーライドコレクションが一新。女性専用W2W新登場

フリーライドコレクションが、プログレッシブとトラディショナルのふたつのラインになって新登場。シュプールに代表されるプログレッシブは、長めのロッカーを採用し、トップとテールのトーションが柔らかめのセッティングで、パウダーでのスムーズなターンが可能。一方、ボーディシャスに代表されるトラディショナルは、短めのロッカー、ダブルチタン構造を採用。高いグリップ力と安定性を発揮する。

 


フルモデルチェンジのシュプール。特殊形状のチタンプレートに
よりトップとテールのトーションがソフトに

 


これが特殊形状のチタンプレート。両サイドをカットする
ことでトーションを弱めている

 


充実したレーシングモデルのラインナップ

 


トラディショナルラインのコーチス、ボナファイド、ブラーマ、ブラーマ Ca(左から)

 


テクニカとコラボしている女性専用のウーマントゥ ウーマン
シリーズ。開発スタッフはすべて女性。デザインも凝っていて、
写真のシーバ 11は羽のイラストにラメが入っている

 

 

 

■BLACKCROWS

ハイパフォーマンスGSモデルから極上のパウダーマシンまで充実

ニューモデルは、バーディス、アート、ディーモンなど。バーディスはセンター85㎜のピステモデルで素早い切り返しが可能。アートはセンター68㎜の高速で真価を発揮するジャイアントスラロームタイプ。ディーモンはセンター99㎜のフルロッカーながらチタンを採用し、高速での高い安定性を実現している。

 

ブラッククロウズを代表するパウダーモデルといえばノクタ。センター1 22㎜の究極のパウダーマシン

ニューモデルのディーモンはフルロッカーのオールマウンテンモデル

 

 

 

■BLUEMORIS

独自の発想とテクノロジーによるモデルを開発

独自のテクノロジーによりユニークなパウダースキーを開発しているブルーモリス。今季は全長170㎝、センター125㎜のラプターをリリース。日本のツリーランに対応したモデルだ。左右非対称のテール形状は、左右を履き替えることで、圧雪バーンとパウダーに最適な乗り味が実現。

 

右から、ニューモデルのラプター、全長 160㎝・センター 108㎜のリプリム、全長1 41㎝・センター 126㎜のオメガ、全長1 30㎝・センター 130㎜のオメガアンチェイン。どれもシチュエーションを問わずに楽しめる

 

 

 

■BLOSSOM

イタリアのアトリエで製造されているハンドメイドの高性能スキー

イタリアのスキーアトリエが生み出すウッドコア・サンドイッチ構造のハンドメイドスキーとして有名なブロッサム。今季はエキスパート向けのフライアッププラスとフレアプラスが新たにラインナップに加入。フレアプラスはSL系の旧フォローミープラスのアップグレードモデルだ。

 

フライアッププラスは、フライアップよりも安定性と正確性を進化させた高性能エキスパートモデル


フレアプラスは、再調整したサイドカーブを採用し性能が向上

 

 

 

■MOMENT

フルロッカーの新モデル、メリディアン

メイドインUSAのオールハンドメイドスキーがモーメント。オリジナルキャンバーとデザインで人気を博している。ニューモデルは、メリディアン117、メリディアン107、メリディアンツアー。117はパウダー用、107は地形遊びがメイン、ツアーは軽量素材を用いているのが特徴だ。

 

モーメントで人気ナンバー 1のデスウィッシュ。独自のトリプルキャンバーによりセンター112㎜で切れるすべりが可能

 

 

 

■HEAD

新プレートにダンプナー搭載。超軽量モデル続々登場!

トップレーシングモデル、ワールドカップレベルズのRDモデルは、ワールドカップレベルズプレートを新搭載。このプレートは後ろ固定の一体型で、エッジプレッシャーの強さを犠牲にすることなくフレックスが引き出しやすくなっている。また、このプレートは、オプションパーツで前部にダンプナーが装着可能。ダンプナーは衝撃を吸収するだけでなくカウンターフレックスを抑える効果もあり、ターンの導入がより正確にできるようになる。インスティンクトシリーズの新モデルがスーパーライトインスティンクト。スキーのみ1/2で約1000g、ツアースキー並の軽さを誇る。このスキーに合うブーツ、ベクターエボ105スーパーライトも新登場。もうひとつの軽量スキーが、フリーライディング用のコア。トップシートの代わりにポリエステルフリースを上面に施し、軽量構造、軽量素材を採用している。

 


左の3機種がワールドカップレベルズ i.GS RD、
右端がワールドカップレベルズ i.SL RD

 


右がダンプナー未装着で、左がダンプナーを装着した状態。ダンプナーは別売

 


軽量のコアシリーズは、左からコア 117、コア 105、コア 93。
超軽量のカルバウッドとコロイドをコア材に採用し、夢の軽量
素材グラフィンも採用

 


コアには、従来のトップシートの代わりにポリエステルフリースを施した特別な構造を採用。軽量化の一翼を担っている

 


スーパーシェイプシリーズは新プレートを搭載。軽くなりパワー
伝達力アップ

 


超軽量スキー、スーパーライトインスティンクトは、コロイドコア
を全長に使用することで軽量化を実現

 


ヘッドのゴーグルに新たにT VTテクノロジーを採用したレンズが登場。グリーンレンズは明る過ぎる状況でコントラストを保ったまま光だけを抑え、レッドレンズは薄暗い状況下でコントラストを高める

 

 

 

■TYLORIA

アタックシリーズがグリップウォークにも対応

安全な歩行のためにブーツのソール形状が多様化している昨今。アルペンソールだけでなく複数のソール形状に対応したバインディングが登場している。チロリアは、アタックシリーズの全モデルが新しいソール形状、グリップウォークに対応可能になった。

 


アタックシリーズの FRプロトウが新たにグリップウォークソール
に対応。写真はアタック 16 GW


ニューモデルの PR 11 MBSはアルペンブーツ&グリップウォーク
に加えて、ウォークソールにも対応。調整はドライバーを回して
ポジションの表示を切り換えるだけ