NEWS/SPECIAL

SPECIAL

SPECIAL

ATOMIC 2019-20 NEW MODEL SKI REPORT VOL.3 [RACE MODEL]

 

 

マスターズ入門用に最適なレッドスターG9 Rが新登場!

 

レーシングモデルは、ワールドカップなどで使用されるFISのレギュレーションに適合した「レッドスター FIS」シリーズと、一般レーシングモデルの「レッドスター」シリーズに分けられる。ここでは一般向けの「レッドスター」シリーズについて解説したい。
レッドスターシリーズは、FISのレギュレーションに縛られない小さめの回転半径を採用して、より回転性を高めたモデル。レースだけでなく、エキスパートの大回り用、小回り用としても使用できる汎用性の高いモデルだ。
今季のレッドスターシリーズには、従来のG9をベースに戦闘力を高めた、レッドスター G9 Rが仲間入り。サーボテック搭載のG9、S9の他、サーボテック非搭載のレース入門に最適なモデルもラインナップされている。

 

 

<レッドスターG9>

 

 

レッドスターシリーズのスタンダードGSモデル

 

パワーウッドコアにウルトラ チタニウム パワード構造を採用。デモモデルのレッドスターG9iとプロポーションは同一だが、芯材にパワーウッドコアを採用し、より力強い滑りを可能にしている。サイドウォールには、FISモデルと同じ温度変化の少ないTPU素材を配合したものを使用。ビンディングには、スライド式のシステムビンディング、レッドスターiシリーズと同じX12 TL GWを搭載。スキーのフレックスが出しやすく、ブーツのグリップウォークソールに対応している。

 
 

《impression》
脚力のないマスターズの女性がターゲット
by 佐藤 翔

「最大の特徴は凄く軽量なことです。軽量なのに安定感がある。相反する性能を実現しているのが特徴です。メインサイズは171cmと177cmです。脚力に自信のないマスターズの女性が主なターゲット。レッドスターG9iよりもう少し強いスキーが履きたいデモ志向の上級者にも使用できます。ビンディングがグリップウォーク対応になったのも特徴です」

 

 

<レッドスターG9 R>

 

 

レッドスターシリーズのニューモデル。マスターズ入門用に最適

 

今季注目のニューモデルが、レッドスターG9 R。G9とどこが違うかというと、ベースとなるスキーはまったく同じながら、肉厚のFISプレートを装着したサーボテックFISを採用しているところ。よりパワフルな滑りが可能だ。ビンディングはセットになっておらず、レース用のX12 VAR、X16 VAR、GS専用のX16 MODなどを搭載することができる。G9のシステムビンディングが嫌だという人に、ぴったりだといえる。マスターズ入門用、非力な女性のマスターズ用、基礎ロングターン用に最適なモデルだ。

 

《impresson》
回転性と安定性のバランスに優れるモデル
by 佐藤 翔

「G9は軽くて安定感があると言いましたが、G9 Rも決して重くはありません。FISのプレートが載っているので足元の安定感は凄くあります。Rは177cmで18.4m、183cmで19.4mなのですが、アトミックのスキー全体に言えることですが数値以上に回転性が非常に高いのが特徴です。回転性が高いと、バイブレーションが起こしやすかったり切れ上がり過ぎることを懸念される人もいます。また安定性に優れているとスキーが引っ掛かったり重過ぎたりする場合があります。このスキーに関しては、そのような嫌な挙動が一切無く、バランスが非常にとれていると思います。対象の中心はマスターズですが、アトミックデモチームの女子が使用しており、基礎のロングターンでも活躍するスキーだと思います」

 

 

 

<レッドスターS9>

 

 

サーボテック搭載のSLモデル。一般上級者にも最適

 

レッドスターS9iのベースになったスキーで、一般レーサー向けのモデルなのだが、積極的にポールに入ってガンガン攻めるようなタイプではなく、上級者向けのハイグレードモデルにも最適なスキーだ。S9iとの違いは、G9同様にFISモデルと同じパワーウッドコアを使用したウルトラ チタニウム パワード構造を採用していること。S9 FISのようなクイックな操作には向いてないが、軽量でしなやかな動きが特徴のモデルだといえる。

 

 

《impresson》
軽量なのにバタつかずハイスピードでも安定感がある
by 佐藤 翔

「パワーウッドコアを使用していることにより、ハイスピードターンでの板のばたつきを抑え、嫌な挙動がないのが特徴です。決して難しいスキーではなく、しっかりフレックスが出せて、安定感があり、ハイスピードに強いスキーです。軽量でスキーがある程度思い通りに、しなやかに動いてくれるので、いいラインをキープしやすい。マスターズでも本格的にレースに取り組んでいる人にはS9 FISがいいですが、強くポールに当たらないような人にはS9が向いていると思います」

 

 

 

 

<注目のNEWブーツ>
足のボリュームが少ない人に朗報!
レーステックSTIがレッドスターになって復活!

レーシングブーツで、ロワがホワイトでアッパーがレッドのレーステックSTIというモデルが2012年まであった。93mmラストで中のボリュームが少ないという特徴があり、高い人気を獲得したモデルだ。
そのSTIが新しいモールドで今季復活。93mmラスト、レッドスターブーツのなかでは最小のボリュームというコンセプトは同じで、高さの低いローカフ、低いヒンジの位置を採用。日本人の足の骨格に合った形状になっている。
「足首周りのボリュームがタイトなので、足入れは正直大変だが、足の収まりは凄くいい。足首周り、カカトのフィット感がよく、ローカフ、低いヒンジの位置でスネの短い日本人でも動かしやすくなっています。足首の細い女性やジュニアにすごくマッチする。フレックスが70からあるのでジュニア用ブーツからのステップアップにちょうどいい。ブーツ内の容量はレース用ブーツのなかではいちばん少ないので、92mmラストのワールドカップが少し緩いと感じる人は、STIを履くとちょうどいいと思います」(佐藤 翔)

 

 

佐藤 翔(さとう しょう)
1986年6月25日生まれ。アルペン現役時代は、全国中学大回転優勝、高校選抜3冠(史上初)、国民体育大会優勝、FISファーイーストカップGS種目別優勝、ワールドカップ出場と輝かしい成績を誇る。5年前に引退。現在はSOAR SKI Racing代表、アトミックレーシングチームヘッドコーチを務め、後進の指導に当たっている。

 

お問合せ先
アメアスポーツジャパン(株)アトミック
TEL:03-6831-2713
http://www.atomicsnow.jp/

 

文・写真:辻野 聡

 

> Vol.1
> Vol.2