NEWS/SPECIAL

SPECIAL

SPECIAL

ATOMIC 2018-19 NEW MODEL SKI FEELING REPORT SPECIAL VOL.2

 

進化したオールラウンダー「レッドースターX」は
小回りから大回りまで自由自在に楽しめる

 

アトミックのニューモデルスキー試乗レポートの2回目は、レッドスターXを往年の名スキーヤー・若月新一のコメントとともに紹介する。

 

 

 

登場以来、大好評のレッドスターX
これ1台で雪山全体を楽しみたい!

 

 

サーボテックとマルチラディウス・サイドカットが導く、状況を選ばない優れた走破性

アトミックのレースラインとデモラインと同様に、革新的なテクノロジー「サーボテック」を搭載したレッドスターXは、スラロームとジャイアントスラローム用のふたつのラディウスをミックスさせたマルチラディウス・サイドカットを採用。このふたつのテクノロジーが融合することで、いかなる状況でも、これ1台で小回りから大回りまで俊敏なターンを可能にする。昨シーズンの登場以来、好評を博しているスキーは、新たなカラーリングでシーズンを迎える。

 

 

アトミックスキーのレースラインとデモラインを代表するテクノロジー・サーボテック。このテクノロジーは、滑走時に雪面から受ける衝撃をもれなく吸収し、スピード域の高低に関わらず優れた安定性を導くだけでなく、ターン中にロッドがスキーそのものを引っ張ることでたわみを生みだし、オートマチックにスムーズなターン性能を引き出す。

 

 

この特徴に、レッドスターX特有のテクノロジーであるマルチラディウス・サイドカットが融合することで、どのような状況でもターンサイズを左右しない優れたターン性能を導くことを可能にした。名前のXはクロスターンを意味し、オールマウンテンモデルとして小回りから大回りまで高いパフォーマンスが発揮できることを表している。

このふたつのテクノロジーが融合することで、雪山のどのような状況でもストレスフリーなターン性能を導くレッドスターX。コンペティションモデルのようなシリアスなフィーリングは求めないものの、ハードパックされたスロープで正確にターンを描くことを好む上級者やエキスパートに最適なモデルは、従来のオールラウンドモデルにはない、唯一無二の存在感を発揮する。

 

 

レッドスターXの試乗フィーリング

玄人好みの技巧派名デモンストレーターとして活躍し、現在はアトミックデモチームのコーチを務める若月新一に、最上級モデル・X9の試乗感を伺った。

 

 

条件を選ばない非常に優れたオールラウンダー
若月新一

 

 

X9は小回りから大回りと、ターンサイズに左右されることなく優れたターン性能を発揮する。大きな雪山を1台のスキーで、雪質やターンサイズを選ばずにすべることができる、斜面条件を選ばない非常に優れたオールラウンドタイプのスキーだ。

芯材にはナチュラルなレスポンスが魅力のウッドコアを。そして、サイドウォールには適度に硬さのある素材を採用。全体的にはとてもしっかり感のあるスキーだが、ひねりやねじれも引き出しやすく、スキーそのものも重すぎず適度な重量があるので、いい安定感のなかでシンプルにスキーを動かすことができる。とくに、高速域、中速域での操作性が素晴らしい。非常に汎用性の高い1台に仕上がっている。

 

 

全体的に長めのサイズレンジは、日本だと中途半端に感じるスキーヤーも多いかもしれないが、実際に履いてみるとこの長さが高速域では安定性のよさを感じさせる。そして、小回りもしっかりできるのがまたいい。
見た目は重厚感のあるレースタイプっぽい平板だが、ねじれもちょうどいいし、フレックスも強すぎない。そして重すぎない。スイングウエイトが軽い。だから、非常に扱いやすく、アイスバーンでもよく切れる。まさに、オールインワン。どのような状況でも確実にすべることができる性能が集約された1台という印象だ。

レベルは、上級者に最適。ただ、あまり技術志向に拘らず、1台で1日クルージングするような志向のスキーヤーに最適だ。回転弧が大きく、ズラす時も短いスキーほどの引っ掛かりがないので、適度なズレを伴いながらロングターンが楽しめるはず。ゲレンデの状況をあまり選ばずに使えるスキーだ。

カービングもできるし、スキッティングも操作しやすい。長さがありトップも太いので、意外にもパウダーでは程よく浮遊感が感じられる。ハードバーンからゲレンデパウダーなど、オールシチュエーションのクルージングモデルとして非常にいい性能を見せてくれるモデルだといえる。

 

 

充実のラインナップで、レベルごとにマルチラディウス・サイドカットが導く汎用性の高いターン性能を体感できる

 

レッドスターXは、X9以外にもX7、X5、CS、MX、SCといったモデルもライナップ。これらは、サーボテックの搭載はないが、X9と同様にマルチラディウス・サイドカットを採用しているので、小回りから大回りまで、ターンサイズに偏りのないターン性能を楽しむことができる。しなやかなフレックスが特徴的なモデルは、幅広いレベルのスキーヤーをカバーする。ターンする楽しさが体感できるスキーは、「いつもよりもっとすべりたい」という気持ちにさせてくれる。

 


若月新一
わかつきしんいち
アルペンレーサーとして活躍したのち、全日本スキー連盟(SAJ)のデモンストレーターに。現在は、同志社大学スキー部のアルペンヘッドコーチを務めると同時に、アトミックデモチームでもコーチとして手腕を発揮。オーストリア国家検定スキー教師

 

※ATOMIC NEW MODEL SKI FEELING REPORT SPECIAL VOL.3は、汎用性が高く人気のオールマウンテモデル「ヴァンテージ」と、進化したツーリングモデル「バックランド」を紹介する。

 

 

お問い合わせ先
アメアスポーツジャパン(株)アトミック
TEL:03-6831-2713
http://www.atomicsnow.jp/