NEWS/SPECIAL

SPECIAL

SPECIAL

ATOMIC 2019-20 NEW MODEL SKI REPORT VOL.1 [DEMO MODEL 前編]

 

 

レッドスターiシリーズが 大幅なバージョンアップを達成!

 

  日本の基礎スキーのために開発されたのがレッドスターiシリーズ。アトミックのキーテクノロジー、サーボテックなど、アトミックの先進のテクノロジーを搭載したブランドを代表するモデル。今季は全5モデルをラインナップしている。 今季モデルは、ぱっと見ただけだと「コスメ変更だけで中身は変わってないんじゃない」なんて思うかもしれないが、それは大間違い。各モデル大幅なバージョンアップを果たし、まるっきりのニューモデルだと言っても過言ではない。 例えば、S9iプロはサイドカットを一新、S9iはメタルの厚みを増やして戦闘力アップ。さらにS9iプロ、S9i、G9iなどのサイドウォールには、温度変化の少ないTPU素材を配合した素材に変更され、気象条件に左右されない優れた性能を発揮できるようになった。 このように、レッドスターiシリーズは大幅なバージョンアップで、さらなるポテンシャルを獲得。 今季も、NEWレッドスターiシリーズから目が離せない!  

 

アトミックのキーテクノロジー〝サーボテック〟って何?

 

サーボテックは、ビンディング直下に配したエラストマーと、そこからトップに向かって伸びているロッドで構成されている。無荷重の状態ではエラストマーに圧力がかかっている。ターン時にこの圧力が緩和されエラストマーの弾力によりロッドを引き、スキーのたわみを積極的にサポートするという仕組みだ。もちろんエラストマーは衝撃を吸収する役割も担っている。 サーボテックを搭載することにより、ターン性能が格段に進歩したと評判は上々だ。

 

 
 
 
 

<レッドスターS9iプロ>

 

 

レッドスターiシリーズのフラッグシップがフルモデルチェンジ

 

レッドスターiシリーズの最上位機種。FISのスラロームモデルがベースのこのモデルは、芯材には超軽量カルバ材に、強靭なブナ材を加えたスペシャル カルバ ウッドコアを採用。厚めのプレートが装着されたサーボテックFISが搭載され、レーシングテイストの安定感が高く俊敏なパフォーマンスが可能なモデルだ。 今季は、センターとテールの幅を若干広くしたニューシェイプに変更することで、よりクイックな操作が可能になった。また、サイドウォールには、温度変化に強いTPU素材を配合したものに変更。フレックスとトーションのバランスがよくなり、よりしなやかさがプラスされた。

 
 

《impression①》
マイルドな反発力だが走りのよさは抜群
by 石水克友

「全体的な張りが少し強くなり滑りを見た感じだと板が凄く走っているように見えるのですが、実際の板からの反応は突き上げるような反発ではなく、走りにつながるマイルドな反応であると言えます。また、テール幅が少し広くなったことにより、ターン後半のキレ、抜け味がかなりよくなりました。普段、私も使用していますが、不整地のなかでも暴れることなく自分の思い通りの弧を描くことができます。このスキーの対象は、プライズクラスから技術選レベルの人。あるいはレースモデルのS9 FISではオーバースペックな人にもちょうどいいと思います」

 

《impression②》
重厚なモデルで、技術、脚力、パワーが必要
by 若月新一

「SLモデルとほぼ同じ構造でスキーの厚みもあります。テクニカル、クラウンを目指すスキーヤーにおすすめです。S9iとの違いは、ターン後半、下に向かってエッジングした時に、板がたわみながら出る角度が鋭角に出ること。強く踏み込む脚力、パワーが必要なモデルです。コブでも使えますがかなりの技術が必要。重量はS9iに比べ重くなりますが、高速での安定性、抜け出しの良さは抜群です。S9iよりかなりレベルが上になるので、試乗しないで買ってしまうと後悔することにもなりかねないので注意してください」

 

 

 

<レッドスターS9i>

 

 

トップシート、チタニウムの厚みを増し剛性感がアップ

 

レッドスターiシリーズの人気モデルがS9i。レッドスターiシリーズだけの芯材、スペシャル カルバ ウッドコアを採用し、軽量ながら軽快で安定感の高いパフォーマンスが可能。センター68mm、R=12.7m/165cmとS9iプロよりも若干大きめのサイドカットをもつ、ショートターンベースのオールラウンドモデルだ。
今季モデルは、ウルトラ チタニウム パワード構造がバージョンアップ。トップシートが0.15mm厚みを増し、チタニウムシートがサイドウォール上部にまで幅が広がり厚みも0.2mmアップ。厚みが増した分、ウッドコアの厚みを調整し、全体の厚みは昨年と変わらない。メタルの量が増えたので、スキー全体のパワーがアップ。より高い質の滑りが可能になった。
サイドウォールには、S9iプロ同様に、TPU素材を配合し、温度変化に関わらず均一なパフォーマンスを発揮できる。

 

《impresson①》
オールラウンド性を求めるなら170cmがおもしろい
by 若月新一

「昨年のS9iは、今季のS8iに近いフィーリングだったのですが、トーション、フレックスが強めになり、カービング性能、走り、抜けが非常に向上しています。
非常にオールラウンド性が高く、バーンを選ばす、技術要素を表現しやすいスキーです。1級以上の技術レベルの人が対象になっています。一般ユーザーには165cmが人気なのですが、インストラクターのなかでは170cmを選ぶ人が増えています。170cmはRが13.3mになるので、165cmよりもロングターンがしやすいのが特徴。オールラウンド性を求めるなら170cmがおもしろいと思います」

 

《impresson②》
ターン前半のトップの捉えが良くなり円い弧が描ける
by 石水克友

「チタンの面積が広くなったことにより、上級者モデルらしくなりました。トップの張りが強くなったことで、ターン前半の捉えがかなり早くなり、より円に近いターン弧が描けるようになりました。対象は1級を目指す人から技術選を目指す選手まで幅広く対応可能だと思います」

 

 

 

<レッドスターG9i>

 

 

ロングターンでの高速安定性が向上

 

大回り系ターンを得意としているのがG9i。一般レーシングモデルのレッドスターG9とまったく同一のプロポーションをもつ。基本構造も同じだが、芯材をパワーウッドコアから軽量のスペシャル カルバ ウッドコアに変え、サーボテックもFIS仕様から一般仕様へと変更されている。
昨年モデルからの変更点は、S9i同様に、トップシート、チタニウムシートの厚みが増し、チタニウムシートの面積が拡大している点。サイドウォールもTPU素材が配合されたものに変更されている。その分、高速滑走時の安定性が向上し、より優れたコントロール性能を発揮する。

 

《impresson①》
オールラウンドに滑りたいなら回り過ぎないG9iがおすすめ
by 若月新一

「最近、イントラに人気のモデルです。171cmだとRが17.6mになり中回り以上に適しており、小回りもできます。名前にGがついているのでロング専用だと思われがちなのですが、決してそんなことはない。SLのサイドカットは必要以上に回り過ぎてしまうので、八方尾根のように長い距離を楽しむならG9iが楽でおすすめです。回り過ぎない板のほうが落差を取ることができ、最終的に技術レベルも向上します。オールラウンドに滑りたいなら、絶対にG9iをおすすめします」

 

《impresson②》
ショートはズラしやすく、ロングはカービングが得意
by 石水克友

「ブランクのあるスキーヤーが久しぶりに滑る場合、サイドカットのきついものよりもG9iをおすすめしています。ズラしやすさを残しつつ、足裏がどしっと安定するフィーリングがあり、171cmならスキッド系のショートターンとカービングロングターンの両方を得意とします。サイドカットのきついスキーは、必要以上にトップが内側に入ってキレてしまうのでバランスが取りにくい。そんな人はG9iのほうが安定したポジションで滑ることができます」

 

石水克友(いしみず かつとも)
1983年2月9日生まれ。インターハイ、インカレ出場などアルペンレースで活躍後、技術選に出場。2010年にナショナルデモンストレーターに初認定。2011年の技術選では不整地小回り種目で1位を獲得。朴の木平スキークラブ所属

 

若月新一(わかつき しんいち)
1965年生まれ。インカレ、全日本選手権などで活躍後、指導者を目指しオーストリアに4年間単身留学。帰国後、全日本ナショナルデモンストレーターを9期務める。アトミックデモチームコーチ、黒姫スキー学校所属、オーストリア国家検定スキー教師

 

お問合せ先
アメアスポーツジャパン(株)アトミック
TEL:03-6831-2713
http://www.atomicsnow.jp/

 

文・写真:辻野 聡

 

> Vol.2
> Vol.3(6/3公開)