NEWS/SPECIAL

SPECIAL

SPECIAL

【4FRNT】 真のライダーズブランドとして独特の個性と極上なすべりを導く

 

2018 Close Up New Gear & Wear

◆4FRNT

真のライダーズブランドとして独特の個性と極上なすべりを導く

 

 

 

4FRNTは、社長で元ライダーのマット・スターベンツを中心に、エリック・ホレイフソンやカイ・ピーターソンといった、現役のトップライダーたちがそれぞれの経験からアイデアを導き、スキー作りを進めるフリースキーブランドだ。とくに、各ライダーの特徴が生かされたシグネチャーモデルはどれも完成度が高く、それがブランドの最大の特徴となっている。自社ガレージの通称「ホワイトルーム」から生まれるスキーは、改良点があれば妥協なく毎年アップデート。4FRNTが「真のライダーズブランド」と言われる所以がここにある。

 

長野県の白馬を活動の拠点とする下村雄太も、4FRNTを愛用するライダーのひとりだ。老舗スキーガイドカンパニー「カラースポーツクラブ」のスタッフとして活動する傍ら、ライダーとして撮影にも余念がない。雪山の状況に合わせ、ロッカー形状とキャンバー形状のスキーを使い分け、変化に富んだ雄大な白馬の山々にシュプールを描く。

 

「ロッカーの曲線とサイドカーブの曲線を同一化させた4FRNT独自のテクノロジー『リフレクトテック』を採用したホジは、パウダーでの浮力とゲレンデや硬い雪質でのシャープなエッジフィーリングが特徴。どのような地形にもフィットし、自由自在な乗り味は病みつきになる。逆に、ロッカー形状と足元に適度なキャンバーを配置したコルは、トップとテールに4FRNTが開発した『ネオプレーンチップ』を搭載。不必要な振動とブレを抑制しつつ、トップとテールのロッカーと足元のキャンバーで絶妙な滑走フィールを生み出す。踏み込めばスキー全体がきれいにたわみ、急斜面や非圧雪のバンピーな斜面をハイスピードで滑走しても優れた安定感を示す。癖のない乗り味はスキーヤーを選ばない!」。

 

世界的に評価が高い4FRNTは、個性的でありながら、優れたターン性能を発揮するスキーを生み出し、世界のライダーたちの魂を刺激する。そして、刺激されたライダーたちは、まだ見ぬ自分だけの極上のラインを求めて、雪山を目指すのだ。

 

 


下村雄太
1993年生まれ、北海道出身。テレマークスキーヤーだった父親の影響もあり、3歳ごろからスキーで遊ぶ。小学生時代はクロスカントリースキー少年団に入団。高校2年までクロスカントリースキーに専念するが高2の秋に競技を引退。その頃、マイティジャミングの動画と山岳スキーヤー佐々木大輔の「End of theLine」を見て衝撃を受けフリースキーに転向

 

 

 

ホジ
115,560円
リバースキャンバー形状を採用することで、パウダーや不整地で圧倒的浮力を実現。悪いコンディションでも最高の走破性を提供する。リフレクトテックが高い操作性も引き出してくれる

 

 

コル
106,920円
今季よりリリースされたアップトラックシリーズを代表するモデルのひとつ。パウダーでの確かな滑走性能をもちながら、さまざまな雪質に対応。優れた走破性が魅力のビッグマウンテンモデル

 

 

マスィフ
116,640円
アップトラックシリーズ”のなかでも、ディープパウダーや大斜面でダイナミックなターンが描ける1台。変幻自在なライディングで世界のスキーヤーを魅了するカイ・ピーターソンが開発

 

 

 

インセイン
125,280円
パウダーでのフリースタイルライディングが大得意のセイン・リッチ。彼のシグネチャーモデルは、ウエスト122mmのリバースキャンバーモデルで、感度のいい操作性が魅力だ

 

 

→商品一覧はこちら

 

 

 

お問い合わせ先
(株)パウウェーブ
TEL:03-5465-2890
http://www.powwave.com