用語集


基礎知識編

アルペンスキー

スキー競技のひとつ。ダウンヒル、回転、大回転、スーパー大回転、およびダウンヒルと回転を組み合わせたアルペン複合競技。また、スキーにカカトを固定したスタイルのこと

オフピステ

自然の山で行なうスキーのこと。 山岳スキーやバックカントリースキーもこのジャンルとなる

グルーミングバーン

圧雪車できれいに整地されたゲレンデやコースのこと。ピステともいう

スキークロス

旗門、カーブ、うねり、ジャンプなどが設けられたコースを、複数の選手が同時にスタートしてすべり、順位を競う競技。より速くすべる技術はもちろんのこと、複数の選手が一斉にスタートしてすべるためにかけひきの技術も問われる。そのため、接触や転倒などのアクシデントで順位入れ替わりが起こるのも見どころとなる

ハーフパイプ

雪面を半円筒状に掘ったコースをすべり、壁を使ってのジャンプやスピン、宙返りなどをして楽しむ設備、またはジャンプやスピン、宙返りなどの難易度を競う競技のこと

パウダースノー

気温の低い時に降る細かな雪。また、水分の少ない粉状の積雪。日本で降る極めて水分が少なく抵抗感の少ないパウダースノーのことをシャンパンパウダーともいう

バーンコンディション

滑走状況のこと。凍った硬いコンディションならアイスバーン。圧雪車で整地されたコンディションならグルーミングバーンなどと言う

フリースタイルスキー

ゲレンデクルージング、バックカントリー、パウダースキーなど競技的要素のないスキースタイル。または、スラロームやジャイアントスラローム、ジャンプの競技スキーをアルペンスキーというのに対して、モーグルやハーフパイプ&パークのようにスピードだけでなく、ジャンプなどの演技的要素の多い種目を、アルペンスキーに対して、フリースタイルスキーという

テクニック編

カービングターン

スキーのエッジングを効かせて、きれいなターン弧を描くすべり方。スピーディーで鋭いターンのこと

クルージング

自分のペースでスキー滑走を楽しむこと

ツリーラン

森や林の木々の間をすべること

ギア編

ウエスト幅

センター幅のこと

エッジ

ソールの周囲を縁取る金属部分。エッジを雪面に食い込ませることでスキーの操作性を導く

エッジグリップ

エッジを雪面に食い込ませること

オールマウンテンモデル

雪山をフルに楽しむためにどんな状況にも対応する万人向けモデル

解放値

バインディングがブーツを押さえつける際の強さの数値。バインディングは負荷がかかると外れるように設計されているが、技術レベルやすべるスタイル、体重などから数値を算出する

キャンバースキー

スキーのセンター部分が上がっているオーソドックスなスキー。センターの上がっている部分をベントとも呼ぶ。ロッカースキーの登場により、従来のスキーをキャンバースキーと呼ぶようになった

ゲレンデオールラウンドモデル

圧雪、不整地、そしてコブ斜面までゲレンデ内を楽しむためのモデル

コア材

スキーを形成する木材やプラスチック素材のなかでも、そのスキーの機能性や性能を司る一番重要なコア(芯材)部分の素材のこと

コンフォートモデル

転びにくく、簡単で快適にターンができる入門者モデル

キャップ構造

スキーの側面までトップシートで覆った構造。エッジへ瞬間的にパワーを伝達することができる

サイドウォール

スキーの側面に配置されたパーツ。キャップ構造にはない

サイドカーブ

スキーの側面のカーブのこと。サイドカット、ラディウス(回転半径)ともいう。一般的に、サイドカーブの数値が大きいと直進性に優れ、小さいと優れた操作性を発揮するとされる

サンドウィッチ構造

素材を地層のように縦に重ねた構造で、フレックスやトーションなどの性能がダイレクトに出やすいのが特徴。スキーの側面にサイドウォールがある

スウィングウエイト

スキーを振った(回した)時に感じる旋回方向の重さのこと。トップやテールの横幅が広いタイプや、全長が長いタイプだと重く感じる場合があるが、実際のスキーの重さに比例する訳ではない

スイングバランス

スキーを振った(回した)時に感じる旋回方向の重さの扱いやすさの度合い

ストラクチャー

ソールに入った細かい溝のこと。滑走面の水分を排除する役割をし、溝の形状、深さによって滑走性が変わる

セミファット

スキーのウエスト部分が通常よりも少し広く、雪と接している面積が大きくなり操作性と走破性を両立したスキー

ゼロキャンバー

キャンバーがなくセンター部分がフラット構造のスキー

全長

スキーの長さ。レングスとも呼ぶ。大回り、小回りなどすべりのスタイル、レベルによって長さを選ぶのが基本

ソール

スキーの裏面。滑走面のこと。素材やストラクチャーによって滑走性能が変わる

ストッパー

バインディングのサイドに付属するバーのこと。転倒した時などに、バインディングが外れスキーがすべっていかないようにブレーキをかける役割がある

シェルトップ構造

サンドウィッチ構造をベースに上面の両サイドの角に段差をつけたタイプ。上面キャップ&サンドウィッチの複合構造をさす

ツアー&バックカントリーモデル

バックカントリーで快適なロングツーリングを実現する山岳系モデル

チップ

スキーの先端部分

テール

スキーの後ろ部分

デモモデル

テクニカルなすべりを高次元で具現化するハイパフォーマンスモデル

テレマーク

スキー板にブーツのつま先側だけを固定し、カカトを浮かす事ができるのが特徴。オフピステを滑るためのモデル

トーション

スキーのねじれ(横方向)の強度。トーションが硬いか柔らかいかで、雪面に対するエッジの食い付き具合や、ズラしやすさが大きく変わる

トップシート

バインディングを装着するスキー表面のこと。またはスキー表面を覆うコーティングを指すこともある

トップ

スキーのつま先側の先端。フリースタイルスキーではチップとも呼ぶこともある

トップ&テールロッカー

トップとテールが反り上がったスキー

ツインチップ

トップだけでなくテールもトップのように反り上がった形状のスキー。ハーフパイプやパーク用のフリースタイルスキーに多いタイプ

モーグル

コブ斜面でのターンやジャンプ技術の難易度、スピードを競うスキーのフリースタイル競技

パーク&パイプモデル

ハーフパイプやスノーパークでトリッキーな動きを可能にするツインチップモデル

パウダーモデル

新雪もしくは深雪など、非圧雪バーンを滑るためのスキー板。幅が広く浮遊感を楽しめるモデル

バインディング

ブーツをスキーに装着するためのギア

ビッグマウンテンモデル

バーン状態を問わず急斜面で高速滑走しても安定し、かつ高速回転性能も併せ持つモデル。エクストリームモデルともいう

プレート

スキーとバインディングの間に挟み込む金属製の板。振動を抑え、エッジの角付けを容易にする。アルペンレースシーンや基礎スキーシーンでよく使用される

フラットテール

テールが平らな形状のスキー

フレックス

スキーのしなり(縦方向)の強度。一般的に、ソフトなものが扱いやすくエントリー向けとされ、中・上級者は強くハリのあるものを好む

有効エッジ

滑走時に接するエッジの長さ。全長が同じサイズでもモデルによって有効エッジの長さが変わる

レースモデル

アスリートのすべりを極限の世界でサポートするコンペディションモデル

ロッカースキー

スキーのトップが一般的なスキーより反っている形状のモデル。一般的に、キャンバータイプよりもソールの接地面が少ない

ルール&マナー