NEWS/SPECIAL

INFORMATION

INFORMATION

先端技術をプロダクトへ昇華する開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」を紹介!

スキーウエアがどのように開発され、商品として市場に送り出されているのかご存知の方は少ないだろう。

日本が世界に誇るスポーツウエアメーカーであるゴールドウインは、スポーツウエアの開発を強化するため、2017年11月研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」を、富山県小矢部市に開設し、最先端技術を駆使したスポーツウエアの研究開発を始動した。

創業から67年にわたって培ってきた様々な技術開発力と、さらなる最先端設備の導入による人知とITを融合した製品開発力、さらにその高い品質を保持するための独自の品質検査体制を実現することで、誰もが想像し得ない新たな価値を持った製品の開発が行われている。

原則団体に限るが、施設見学もできるのでこの夏訪れてみてはいかがだろうか?

 

【主な研究設備・施設】

1)アーカイヴ展示

 

2)品質検査室

 

3)恒温恒湿室

 

4)スキャナー、CAD

 

5)サンプル試作室

 

6)研修室

 

7)運動研究室

 

8)人工気象室・人工降雨室

 

9)ミーティング・プレゼンテーション室

 

 

お問合せ:(株)ゴールドウイン富山地区総務グループ /Tel. 0766-61-4803
※(原則団体で平日に受付)
詳細はコチラ:https://www.goldwin.co.jp/corporate/info/page-21871