HOW TO

FOR BEGINNER

⑪スイッチスタンス編「スキーをそろえてすべる」

 

 スイッチスタンスでターンが描けるようになってきたら、次は常にスキーをそろえてすべってみたい。

 

 目線と腕の動きは、これまでのようにターンごとに入れ替えていくが、ターンとターンの間のすべる姿勢が異なってくる。スキーをそろえてすべる時には、スキーに前後差を付けるとよりすべりやすくなる。

 

 目線を送っていく側のスキー(左側から見るときは左足)を先行させるようにしてスキーを前後にズラす。スキーに前後差がつくことで、目線と上半身を大きく開いていく動きが行ないやすく、安定感も増す。