HOW TO

FOR BEGINNER

⑫ スイッチスタンス編「目線と身体の開きを片側に固定してすべる」

 

 スイッチスタンスのすべりの最終型は、常に一定方向に目線を固定してすべるスタイルだ。なぜこうすることがいいのかというと、実際にスイッチスタンスでキッカーに入る場合、どちらかの向きに固定してまっすぐすべっていってキッカーでジャンプするからだ。

 この時、目線をどちらに固定するかは、すべりやすいスタンスか、レギュラーでのスピントリックの回転方向に合わせるか(回転方向が左回転であれば左向きのすべり)のふたつとなる。やりやすい方向ですべるのがベストです。ポイントは、適度に身体をターン内側に倒しながらすべるようにしよう。すべる時は、谷側のスキーを先行させるとすべりやすい。