NEWS/SPECIAL

INFORMATION

INFORMATION

「山岳スキー競技(SKIMO)」のおすすめ。

最近、日本で注目され始めている新しいスポーツ「山岳スキー競技」 (略称 SKIMO ・スキーモ)をご存じだろうか?

ヨーロッパではすでに人気のスポーツで、日本のマラソン大会のように、冬の間は毎週末に各地でレースが開催されているほど。国際大会としてワールドカップや世界選手権も開催されており、さらには冬季オリンピックの候補種目にもなっている、これから大注目のウィンタースポーツなのだ。

 

SKIMOのレースはつい5年ほど前には、全国3ヶ所のみでの開催だった。しかし、ここ数年でレースの数が急速に増え、 今シーズンは、全国7箇所、10以上のレースが開催される予定となった。長野県のヤマボクワイルドスノーパークでは、今年も新レースが誕生する予定とのこと。

SKIMOは自然の地形のなかで登ったりすべったりするのを「楽しむ」スポーツ。

そのため、「上手にすべる」ことを目指すだけのスキーとは、違った楽しさがあるのが特徴的。

 

最近はランニング愛好者、特にトレイルランニングやスカイランニングの愛好者の参加が拡大し、大自然のなかで思い切り体を動かすSKIMOを、ぜひ多くの方に体験していただきたい。

*SKIMO Ski Mountaineering の略。広義では山をスキーで登り、すべる行為(山岳スキー)そのものを指す。狭義では、山岳スキーのレース(競技)を指す。最近、日本では後者の使われ方をすることが多い。

 

2019-2020 レース開催予定 (V:バーティカル、S:スプリント、I:インディビジュアル)

13日(金):skimo in ban.KI)シリーズ第 1 戦。

北海道で開催されるシリーズ戦。山岳アスリート・藤川健主催。初心者も参加しやすい草レース。(さっぽろばんけいスキー場:北海道)

 

118日(土)~19日(日):TOGA SKIMO FESTIVALVSI

国内では数少ない、V・I・Sすべての種目を実施するレース。今冬で開催2回目。(旧スノーバレー利賀スキー場:富山県)

 

125日(土)~26日(日):SKIMO Official tournament in YAMABOKUVSI

今年初開催の注目レース。開催地のヤマボクは、自然地形を生かした非圧雪斜面が特徴のスキー場。(ヤマボクワイルドスノーパーク:長野県)

 

21日(土)~2日(日):赤倉温泉山岳スキーレース(VI

東北唯一の山岳スキーレース。初心者も楽しめる草レースながら、独特のコース取りが特徴的。(赤倉温泉スキー場:山形県)

 

215日(土):ミレーカップ・パラダ山岳スキーナイトレース(I

2016年から続くナイトレース。硬い急斜面が非常にテクニカルで、体力だけでなく技術も必要なレース。(佐久スキーガーデンパラダ:長野県)

 

223日(日祝):skimo in ban.KI)シリーズ第2戦。

北海道で開催されるシリーズ戦。山岳アスリート・藤川健主催。初心者も参加しやすい草レース。(さっぽろばんけいスキー場:北海道)

 

314日(土)~15日(日):SKIMO Official tournament in YAMABOKUVSI

今年初開催の注目レース。開催地のヤマボクは、自然地形を生かした非圧雪斜面が特徴のスキー場。(ヤマボクワイルドスノーパーク:長野県)

 

44日(土):山岳スキー競技 日本選手権大会(VI

14回を迎える日本選手権。春雪の難しいコンディションで、毎年さまざまなドラマが生まれる。(栂池スキー場:長野県)

 

412日(日):白馬八方尾根スーパーバーティカルレース(V

日本で唯一の本格的バーティカルレース。長大な八方尾根を駆け上るスケールの大きなコース取りが特徴 。(白馬八方尾根スキー場:長野県)

 

詳細はコチラ:https://skimojapan.wixsite.com/skimojapan